5539

やりたいことをやる。やりたくないことはやらない。

放射能レンズの放射線を写す話。

オールドレンズマニアなら放射能レンズ(アトムレンズ)の名前を聞いたことがあるはず。変色してしまうものの、性能の良いレンズが多いことで有名です。

そのレンズから放射される放射線を撮影してみようという記事です。

 

f:id:fixsenia:20170822214700j:plain

 

  • 放射能を持つレンズ
  • 放射線は撮影できる?
  • 我が家のアトムレンズ
  • 実験方法
  • 実験結果
    • Super-Takumar 50mm f1.4 vs 28mm f3.5
    • Auto Nikkor N・C 35mm f1.4 vs Nikkor O・C 35mm f2.0
  • まとめ

 

続きを読む

X線写真用レンズを集めたいという話。

レンズ沼にずっぽり漬かっていても、あんまり聞かないX線写真用レンズについて。文章ばっかりでお送りします。

 

  • 大口径レンズがほしい
  • 知られていない大口径レンズ
  • 産業用レンズという更なる沼
  • そんな安いレンズが簡単に使える訳がない
  • X線写真用レンズとしての利用用途を考える
  • ゆうわくにかてなかった

 

続きを読む

赤外写真の無限遠の話。

赤外改造の話は分かった。画像処理の話も分かった。で、そのあとにやってくる落とし穴についての記事です。

 

f:id:fixsenia:20170205004430j:plain

 

  • 赤外線の撮影ではピントがズレる
  • 有害光カットフィルタの除去でもピントがずれる
    • フィルタの取り外しによって光路長が変わる
    • 解決法
    • もう一つの打開策
  • まとめ

 

続きを読む

Biogon 21mm f/2.8とフラット補正の続きの話。

オールドレンズに対するフラット補正の有効性をご紹介したこの記事

fixsenia.hatenablog.com

の続きです。フラット処理したけど上手いこと合わない時に。

 

f:id:fixsenia:20170206130957j:plain

 

  • 前回のおさらい
  • こんなに綺麗にフラット処理できんぞ
  • フラット画像の明るさを調節する

 

続きを読む

赤外写真のプロセスの話。

赤外写真を撮ったはいいけど、どうやってあのどす黒い空にしたらいいの?
そんな疑問に答える記事です。

 

f:id:fixsenia:20170204235357j:plain

 

  • Step1. RAWを現像する
  • Step2. カラースワッピング
  • Step3. 色温度を再度調整
  • Step4. 仕上げ

 

続きを読む

赤外写真に挑戦する話。

このブログ一番最初のポストにあった写真は赤外写真でした。赤外写真のノウハウについてザックリ書き残すことにします。

f:id:fixsenia:20170203015738j:plain

 

  • デジタル赤外写真の魅力
  • そもそも赤外線ってなんぞ
  • デジタル赤外線写真を撮るために必要な事
    • 有害光カットフィルタを取り外す
    • 赤外透過ー可視光カットフィルタを取り付ける
  • 赤外写真向けの被写体
  • 赤外写真の画像処理…は次回

 

続きを読む

Biogon 21mm f/2.8の色かぶりを消す話。

α7にコンタックスGマウントのBiogon21mmをつけて撮影した際の周辺部の色被りをどないかするために奮闘する話です。

 

f:id:fixsenia:20170203001544j:plain

 

  • Biogonとはなんぞ
  • 色被りってどんなもんよ
  • フラット処理を試す
  • もともとの周辺減光を移植する
  • ぶっちゃけ処理はやっぱり面倒

 

続きを読む